スターシードの種類

トップページ > スターシードの種類

転生回数が少ないからこそ出来ることがある

スターシードの種類は、大きく分けて「一般型」「オールドソウル型」「新型」の3種類あります。これらは転生回数によって分けられ、少なければ初めての転生、多ければ何千回も繰り返しているスターシードもいます。

転生回数が多ければいいというわけではなく、回数が少ないからこそ出来ることもあるのです。新型スターシードの場合は、初めての転生、あるいは数回の経験があるスターシードのことを指します。地球の低い次元の波動に侵食されていないため、純粋な高次元の波動を地球に伝えるのが得意です。

しかし、新型スターシードは、普段の生活が苦痛に感じてしまうでしょう。それは、転生回数が少なく、地球の常識が理解しにくいためです。高次元の世界は、横のつながりしかありません。上下関係のある地球の複雑な人間関係に苦労するでしょう。

チャネリングが得意なスターシードとは

一般型という種類のスターシードは、5~50回ほど人間として転生経験があります。転生の全てがアセンションをサポートするためというわけではなく、地球の生活や波動に慣れるためのものも含まれているのです。

一般型スターシードは他の星での修行も経験しているので、アセンションするときの大きな力になります。それだけではありません。新型と違い、ある程度地球の生活に慣れているので、チャネリングの能力を活かして地球上で活発に活動することが可能です。

チャネリングとは、高次元の世界に住む高尚な存在と交信して、一般の人々に彼らのメッセージを伝えることです。一般型は新型よりも地球の生活に慣れているので、受け取ったメッセージを適切に伝えることができます。転生回数が50回程度のスターシードの中には、今世でこの役目を終えて次の機会で故郷の星に帰る人もいます。

ベテランのスターシード、オールドソウル型

オールドソウル型という種類のスターシードは、古ければ人類の誕生から転生を繰り返しているほどのベテランです。その豊富な経験を活かし、地球上で高尚な役割を担うことも少なくありません。ヒーラー、僧侶、神主、ライトワーカーなど、人々を癒す存在として活動するのです。

特にライトワーカーは、スターシードの中でも特殊な能力を持っています。彼らは光の仕事人として、人々に癒しの光を届けるという役割を担っているのです。ライトワーカーが届ける光のエネルギーはとても純粋で、人々の心の不安や恐怖を取り除く効果があります。地球のネガティブなエネルギーは人の心に入り込み、どんどん精神をむしばんでいくでしょう。放っておけば、その人の精神が病にかかるだけでなく、地球がより負のエネルギーを帯びるようになってしまいます。

地球の破滅を回避するためには、一般型、オールドソウル型、新型という3種類のスターシードが協力することが必須でしょう。