スターシードとツインソウル

トップページ > スターシードとツインソウル

ツインソウルとは

ツインソウルとは言葉通り『双子の魂』のこと。つまり、元々は1つだった魂が2つに分かれた存在のことを指します。
そのためツインソウルは度々『運命の相手』であると称されています。
確かに、元は1つの存在だったことを考えると運命の相手であることに間違いはないのでしょう。

1つだったものが2つに分かれる時、別々の特徴や特性を持つことがほとんどです。
実際にツインソウルと出会った時、言葉では言い表せないものの「この人だ!」という感覚を覚えると言います。
さらに絆を深めていくにつれて「面白いくらい意気投合する」「シンクロ率が高い」といったような、『同じ』であることを実感することが驚くほど多いことに気付くのです。
しかし、同時に「全く価値観が合わない」「好きなもの嫌いなものが正反対」といったように、『違い』を強く感じる場合もまた意外なほど多く感じるようにもなるでしょう。

このような状況だけを聞くと「結局ツインソウルに対して感じるのはどっちが本当の感覚なの?」と思うかもしれませんが、どちらも心からの実感です。
1つだったからこそ『同じ』であり、分離したからこそ『違い』があるのです。

魂が分離した理由

分離してしまった魂は、再び1つに統合するためにそれぞれが魂のレベルを磨いていく必要があります。
というのも、そもそも2つに分離したのは、効率よくレベルアップを図るためだからなのです。
二手に分かれた方が多くの経験を積み、多くの試練を与えられ乗り越えていくことが可能となり、結果的に魂の研磨がより早く確実に進むからだと言えるでしょう。

魂は、高次元にアセンションするためにもより高次な魂へと進化する必要があるのです。
幾度も繰り返し生まれ変わるのも、自らを進化させるために試練を乗り越えていくためだと言えます。

そのため、ツインソウルはそれぞれまるで異なった環境に生きていくことが多いでしょう。その方が多くの経験を積むことが出来るからです。
転生する国が違う場合もあれば、時代が違う場合もあります。ともすると、生きる次元が違うことだって少なくありません。

異なる状況、異なる環境でそれぞれが魂を磨き続けて波動を高めていった先、ようやく1つに統合するべくツインソウルに出会うのです。

スターシードはツインソウルに出会う可能性が高い

スターシードは地球と人類のアセンションを手助けするために地球に転生してきた高次元に生きていた魂です。
スターシードとして目覚めていない人、目覚め始めている人、覚醒した人…今現在の段階こそ人それぞれですが、宇宙規模で行われている今回のアセンションをサポートするために生まれてきたスターシードの魂の波動は、基本的には非常に上昇しているものだと言えます。
スターシードとして、目覚めていない段階の人は、あと一押しといったところでしょうか。

何にせよ、今世にスターシードとして転生したからにはアセンションを自ら果たし、そこから周囲の人々の導き手となるほどの高次の波動を持っているということになります。
分離した魂の片割れもまた同じようなレベルに達していた場合、やはりスターシードとして地球に転生してきている可能性は高いです。
つまり、アセンションを手助けするために転生してきたスターシードは、今世の内にツインソウルに出会う可能性も高いと言えるでしょう。